Old Tibetan Yak Bone mala with Old Silver counters

NYakTiMala
NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala NYakTiMala

18-19 C ,  Yak Bone Mala from Tibet, Lhasa.

 

チベットのンガッパスタイルのオールドヤクボーンマーラー。

 

ヤクのマーラーはどこまでも素朴な、チベットの土臭い雰囲気の数珠ですが、ここまで長く使い込まれたものになると、オパックさは消え、油分が染み込んだ不思議な透明感が出てきます。

 

艶やかな光沢と、絹のような滑らかな肌触りは、重ねられてきた祈りの年月を物語り、まるでカパーラのような雰囲気に変わるから不思議です。

 

グル玉の先端に括り付けられた、チベタンスカル(ミンゴォ)は、もしかしたらヤクボーン以上に古いかもしれません。ンガッパ達が使うもので、アイボリー製という極めて珍しいもの。

 

ふたつのオールドシルバーカウンターのクオリティがどれだけ高いものか、探し続けてきた者でなければ分からないかもしれません。

カウンターは、ほとんどの場合、時代を経ていく内に、嵌めこまれた石が抜け落ちてしまいますが、こちらは両サイドのコーラルとターコイズが奇跡的に残ってくれたままのペアです。このクラスのカウンターはもう出てこないので非常に高価です。

 

ふたつの大きな十字紋様の円盤型のヤクボーンは、縦横に穴があけられた珍しいクロスドリル。その他ふたつのオールドチベタンターコイズが変わった位置に組まれています。

 

18-19世紀 チベット・ラサより。

 

Size   ヤクボーン 約8×5mm 全長59cm

 

 
 
売切れ
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.