Tribal necklace from Orissa

KHONDOSPTRIBALNECKLACE
KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE KHONDOSPTRIBALNECKLACE

東インド、1000mを越えるオリッサ州山岳部には、独自の生活様式を守る、山岳少数民族の部落が数多くあり、約60もの部族が生活しています。オリッサ州では、オリヤー語が話されていますが、各部族はそれぞれ異なる言語を話し、独自の生活文化を守っています。 ボンダ族やコンド族は数々のシードビーズやブラスビーズを纏い身を飾っています。これらのビーズは、山岳部の特産品を求めて平原部からやってくる商人によりもたらされます。   圧巻の存在感。ヴェネチア産の金赤オールドホワイトハーツや白シードビーズ、15連を束ねる素晴らしいパティナの巨大ブラスビーズが使われたコンド族の伝世玉首飾りです。ナガ族のものと時に間違われる事がありますが、こちらはコンド族を代表する作で、アジアのトライバルアートがお好きな方であれば、一度は目にした事があるはずです。18-19世紀頃。   Size  金赤WH 約3.5×2mm ブラスビーズ大 約27×21mm 全長約116cm(ビーズ部分のみ約103cm)  

販売価格(税込)
¥75,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.