Hudson bay ‘White hearts ‘trade beads

PACIFICNORTHWESTWHS
PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS PACIFICNORTHWESTWHS

北米コロンビア川で見つかった、毛皮交易時代の1800年代ヴェネチア・ボヘミア産のオールドホワイトハーツとロシアンブルー。

シアトル在住のアメリカの老人と特別なご縁があり、幸運な事に今回の玉を手にする事が出来ました。この方は、若かりし頃にコロンビア川で釣りをして遊ぶ事が多く、時間を持て余していた時などは、釣りの傍らに、川べりから出土していたガラス玉を採集していたとの事です。この地でネイティブインディアン達と、毛皮交易を行っていたイギリスのハドソン湾会社(HBC)やフランスのノースウェスト会社等が実際に交易品として使用していた物である可能性は高く、来歴を含め最高峰のコレクションと考えています。

ゆうに5mmを越える大粒の金赤ホワイトハーツは、年代を感じさせる古色や摩耗、金赤の発色も様々な表情を見せる大変美しい雰囲気を持ちます。

ホワイトハーツの他、3粒大粒の単層ロシアンブルーも含まれていました。アラスカを始め北米北西岸一帯、アリューシャン列島等に渡っていた、ロシア玉とも一部で呼ばれている、ロシアンブルーの本家です。非常に大きなサイズと、紫のティントが少し入ったあまりにも濃いウルトラマリン色をしている事が特徴で、アフリカントレードビーズに精通したピカ―夫妻によると、アフリカでは見つからないタイプとの事です。故にこの地域にのみ見つかるタイプであると認識しており、正しい場所へ行けば民族博物館に展示されているレベルと言っても過言ではないかもしれません。

繋げると100cm程、重さは70gあり、多種多様なタイプがありますので、粒単位で選んでみたいと言う拘りの方にお求め頂けるように少量づつの販売に対応したいと思います。私が日本国内の骨董市等に出店している時などであれば直接お渡しする事が出来ますので、今回は少し番外編という位置づけでお願い致します。※こちらがお選びしてもよければ、ネットも対応可能です。

 

 

Size   WH 直径約5~8mm  ロシアンブルー直径約8~11mm

 

 
 
売切れ
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.