Old Tibetan Ivory Mantra counter amulet

milimancounter
milimancounter milimancounter milimancounter milimancounter milimancounter milimancounter milimancounter

オールドチベタンアイボリーカウンター(護符)。

 

本品は、ラサのチベット人の行商が首から下げていたアイボリーマーラーに括り付けられていたもので、お願いして譲って頂いたものです。

 

初めて見る方には、埋めつくされた表面の小穴には、特段意味のないアートのように見えるかもしれませんが、これは飾りではありません。

 

チベット仏教ではしっかりとした法具の役割があり、ひとつの穴は、100万回のマントラ(真言)を唱え終えた事を意味します。本品の場合は、60個の小穴があるので、すなわち6000万回マントラが刻まれている事になります。百、千、万、十万までは通常のカウンターで数えられますが、100万の桁はこのようなものに刻まれるのでしょう。

 

これだけのマントラを唱えるのには、どれだけの年月必要なのか。彼らの祈りの姿を想像してみて下さい。

 

なお、面白いことにたくさん穴が開いているものは、修行の功徳が詰まった証として、一種の神聖な護符として扱われるようになります。

なお、最近の傾向としてカパラや骨などでアンティーク加工されたフェイクも存在します。本品は実際に使われてきたオリジナルです。

 

Size  約41×30×9mm

 

 

販売価格(税込)
¥68,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.