Old Tibetan White Sandal wood mala

whitesandalmalakha
whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha whitesandalmalakha

チベットのホワイトサンダルウッド(白檀)マーラー。

 

 

100~300年程前のもの。東チベットに住むカムパが持っていたものです。白檀は見た目が地味な素材ではあるのですが、古いものになるとものすごくかっこよくなります。

 

昔の革紐のまま残っていたという点に貴重さと驚きを感じます。

 

耐久性に難のある古い革紐のまま残っているという事は、この状態で長らく保存されていたと考えるべきかもしれません。

 

白檀はおそらくインド産からもたらされたものでしょうが、チベットでは白檀の古いものはあまり見かける事がありません。

 

滑らかに摩耗しており、穴の拡大から見ても相当使い込まれているのがわかります。又、白檀の特徴として軽量な事があり、このマーラー自体も45gしかありません。

 

このマーラーのもうひとつ私が気に入っている点は、グル玉とカウンターです。グル玉は大きな鳳眼菩提樹で、穴回りが紐の擦れにより、凹むほど美しく摩耗しています。ドルジェとティルブのブロンズカウンターも紐と同年代の革紐に通されており、とても味わいがあります。

 

チベットのお香が染み込んでいます。

 

Size  白檀 約9.5×7mm  全長約80cm 105粒

販売価格(税込)
¥250,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.