Old Dutch Dogon trade beads

DBdogon
DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon DBdogon

1700年代のオランダ産トレードビーズ。

 

トレードビーズとしては、古い世代のものと分類され、ダッチドゴンの愛称が付けられることもあります。

 

この時代のオランダ(ネーデルランド)は、数世紀に渡り強大な覇権を誇っていた海上帝国でありました。

 

オランダ人の商人は初期においてこそ、ヴェネチアからビーズを輸入していましたが、自ら制作する方が価格を抑えられることから、アムステルダムやハールレム、ミデルブルフにガラス工房を設立させ、後にヴェネチアの職人を招き入れます。

これらのビーズは、オランダ東西インド会社により、主にインドネシアやアフリカ西部と南部、マダガスカル、北米やアンティル諸島に交易品として輸出されました。

 

遠くの国々において、ガラス玉は始めて見る珍しい物であった為、香辛料や象牙、金、絹や綿織物等の高価な品々と比較的容易に取引する事が出来ました。ガラスの製作費を考えると、非常に高い利益率があった交易品と言えます。

 

この一連は、今まで見た中で最も優れた美しい連です。保存状態が特に良く、今でも実用可能です。

白く風化した跡も何とも言えない味わいと印象を残します。

大粒な玉が揃っており、手に取るとずっしりと重く感じるはずです。又、深いインディゴブルーに混じり、数粒濃紫の玉も入っています。

 

Size  連中央 大玉約24×19mm 連最後の最少 約11×5mm 全長約65cm

 
 
売切れ
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.