Old African Amber from Saharan Trade

213
213 213 213 213 213 213 213 213 213 213 213 213

サハラでルーバンと呼ばれているオールドアフリカンアンバーです。非常に高い価値が今でも置かれています。

サハラウィや青の民族トゥアレグが住むモロッコ南部のゴルミットという場所から出てきたスペシャルな一連です。

英語のビーズの専門書でも大きく扱われており、コレクターの間ではメジャーなビーズです。

オールドアフリカンアンバーは、100年弱前にヨーロッパで作られたトレードビーズです。本琥珀ではなくフェノール樹脂で出来ています。この情報もせいぜい数十年以内に有志のコレクターが研究して判明した事で、現地では浸透しておりません。実際に身に着けている遊牧民の女性達にとっては、代々受け継がれてきた、とても古く大切な物という事実で十分なのかもしれませんが、遥か昔にヨーロッパからやってきた玉だなんて知ったらびっくりするかもしれません。

ほとんどが希少なダイヤモンド型をしており、十字に孔が開けられたクロスドリル玉です。そしてどれも迫力のある特大玉です。ずっと身に着けられてきた事により、まったり深い飴色の滑らかなパティナになっており、紐の擦れによる穴周りが大きく拡大しています。表面に亀裂が入っている玉は、オールドアフリカンアンバー特有の現象で長い間身につけている内に自然に起きる事で、ダメージとはみなされません。歴史を感じさせてくれるひとつの味わいとして見ると感慨深いと思います。

 

Size 約35×33×22mmなど 全長約67cm

販売価格(税込)
¥100,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.