Antique Carnelian Necklace from Niger

215
215 215 215 215 215 215 215

どこまでも果てしなく続く、ぶっつづきの砂の海サハラ。そのほぼ中央にあるニジェールからのアンティークネックレスです。

アラビックで「クゥス」と呼ばれているカーネリアンが使われています。この丸いカーネリアンはおそらく1800年代のインド・カンベイからのトレードビーズ。そして中央と間に使われている透明なガラスはアンティークのボヘミア産トレードビーズ。中央のビーズは護符としての意味合いがあったと思われ、ボヘミアが現地の嗜好にあわせて生産したものでしょう。ご存知アフリカ渡りのトレードビーズは、通常ラフィア繊維に通されて売られています。これには諸理由がありここでは説明は割愛しますが、オリジナルの構成のまま残っているネックレスは意外にとても少ないです。

このようなビーズ使い方、組み合わせ方はニジェールの特定の場所に住む、特定の民族が普遍的に好む構成でしょう。他の地域へ行けば別の使われ方がするはずです。美的感性だけではなく、この人達だけに伝わる意味合いや伝承、物語があるのかもしれません。

 

Size カーネリアン 約7×6mm 全長約70cm

販売価格(税込)
¥30,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.