Old Tribal necklace from Chin State, Burma

365
365 365 365 365 365 365 365 365 365 365 365 365 365 365

ビルマ、チン族の伝世玉首飾り。女性用の長い一連。2連にせずこのままの状態で身に着けられます。

渋いピンク系の19世紀、ヴェネチア産の金赤ホワイトハーツがメインに使われています。

間に入っているビーズは、ボヘミア(赤、クリアの小型ヴァセリン玉。ウランガラスの多面体玉)、ドイツ(イダーオーベルシュタイン産多面体カットカーネリアン)、中国(清朝期のクリア、アンバー、グリーン単色玉)、チン州周辺からの大変古いカーネリアンや瑪瑙。そして古代クリスタル(古代Pyu?)もひとつ組まれています。ボタンも数個混ざっています。

様々な玉がごちゃっと混ざっているように見えて、実は見事なバランスで組まれているところにチン族のセンスのよさを感じます。オリジナルコンディションです。

 

Size WH 大7mm 平均5㎜ 多面体ウランガラス 約11×9mm  全長約117cm

 
 
SOLD OUT
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.