Old Carnelian necklace from Chin state, Burma

366
366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366 366

ビルマ・チン族の女性用伝世玉首飾り。非常に長い2連の首飾りです。

19世紀から20世紀初頭頃のヴェネチア製のイエローシードは、トレードビーズとして彼らに渡ったもの。繋ぎとして多用され、黄色を好んだのかチン族の装飾に多く見られます。

丸いカーネリアンは、代々受け継がれてきた、ハカ・チン族が最高の価値を置く財産のひとつです。よほどの事情がない限り手放されませんが、貧窮した時には食料や家畜、銃器等の必要品と交換されたそうです。これらのカーネリアンは、チン州周辺が原産と考えられ、500年~1000年ぐらい前の、大変古い物です。カーネリアンには風化紋が見られ、古代玉さながらの素晴らしい雰囲気です。(※オーバル型をした、インド産のガラスのイミテーションビーズが1個混ざっています。)

6ラインのアンティークプンテックを、ひとつだけさりげなく混ざている所がとてもお洒落。この手のものは、貴重な民俗学資料としての付加価値がありますので、ばらしてしまうのは×です。オリジナルコンディションです。

 

Size カーネリアン 平均約13mm×12mm  全長110cm×2連

販売価格(税込)
¥480,000
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.