スカイブルーのオールドパドレ

skybluepadre
skybluepadre skybluepadre skybluepadre

スカイブルーのオールドパドレ。

アメリカ南西部に伝わる伝説によると、フランシスコ修道会のスペイン人宣教師(パドレ)が、布教活動や、行いが優れた者への報酬として、この玉を使用したとあります。

このビーズのニックネームはそこから来ています。

かのルイス&クラーク探検隊は、様々な種類のビーズを交易品として持参し、道中に食糧や毛皮と交換しましたが、このスカイブルーと白は、空の色を連想させるという理由からネイティブインディアン達が最も愛した玉であり、他のビーズとはなかなか交換に応じてくれなかった自伝に記録しています。
そして、ベーリング海峡を発見したキャプンテン、ジェームズ クックも、1778年に太平洋沿岸のネイティブインディアンからこのスカイブルーのビーズなしでは毛皮と交換する事は困難であったと書き記しています。

産地は、ヨーロッパ説や中国説、年代も諸説ありますが、きっとひとつの国が同じ時代に作ったものでは無く、様々なバージョンがあると考えられます。単色玉は、模様がある玉よりも詳細を特定する事が困難な為、このような単色玉の総称として便宜的にパドレと呼ばれる事が多いです。革紐に通され、インディアンクラフト等でよく見かける事が多いですが、エンドがフラットな新しい物ではなく、本品は長年身に着けられてきた100年単位で古い昔のトレードビーズです。古色がついた、古い雰囲気が好きな方にはお勧めです。

 

Size   約9×7mm(ばらつきあり) 全長約62cm

販売価格(税込)
¥7,400
数量
Copyright © 2014 Beyul All Right Reserved.